松竹梅でどれを選びますか? | YouTubeで月100万稼ぐための教科書

松竹梅でどれを選びますか?

cg02

連日お伝えしている心理学アフィリエイトですが、

多くの方にご購入頂いています。

非常に嬉しいことですね!

学ぶという姿勢がすごく大切だと思います。

決して安い金額ではないですが、

それ以上に僕からたくさんの特典をつけています。

人の心理がわかれば人を上手く行動させる事が出来ますからね!

ここで一つ、心理学アフィリエイトの中にもあるテクニックをお教えします。

「松竹梅効果」

よく料亭なんかに行くと、

メニューに松・竹・梅とコースがありますよね?

一番出るコースってどれだと思いますか?

それは

「竹」

です。

人というのは悩むと物を買わなくなります。

その商品を買うのか買わないのかを悩ませてはいけないということです。

ではどうすれば売れると思いますか?

「買うか買わないか」という選択を打ち消してしまえばいいのです。

どういうことかというと、

「買うか買わないか」ではなく、

「どれを買うか」という選択肢を用意してあげるのです。

たとえば

松コース・・・10000円

竹コース・・・6000円

梅コース・・・3000円

とこのようにランク付けすることにより、
買う買わないという悩みから、

「どれにするか?」

という悩みに変わります。
悩む論点がずれていますよね?

そして多くの人は、中間の「竹コース」を選ぶのです。

こうして自分で選んで購入したと思ったものでも

実際のところは、販売者の誘導により、

買うか、買わないかの論点をすり替えられ、

また、販売者が売りたい商品へと誘導されているわけです。

なぜ中間のランクのものが売れるのかというと、

松だとちょっと手が出ない。梅だとケチと思われそうだし、
それなりの物しか出てこないだろうから後悔するかも。

竹だったら当たり障りないし、ちょうどいいかな!

こういった人の心理が勝手に中間ランクを選ばせるのです。

ある程度高い商品を売る時に有効なテクニックなので
覚えておいてくださいね!

人の心理というのはまだまだたくさんあります。

こういった心理テクニックをまとめたものが
心理学アフィリエイトです。

心理学をアフィリエイトで使うにはどういったテクニックを応用すればいいのか
ということがよくわかります。

これ学んでおくと、今後の人生かなり得をしますよ。

アフィリエイトだけでなく、
一生使えるスキルなので絶対身につけて欲しいですね。

得に商売をされている方や、営業、販売など
人と関わるお仕事をされている方は、

今後の成績アップにも繋がる手法がたくさんありますよ。

そして今回、

僕からの購入特典である、

100万円相当のツールや商材を無料でプレゼントするという企画を

6月17日23時59分で終了したいと思います。

これ以降はこの特典はなくなりますので、

ご注意をお願いします。

僕の特典というのは見ていただければわかると思いますが、

ハンパじゃない数の特典を用意しています。

この特典は全て再配布可能ですので、

一度手にしていただくと、

自由に誰かにプレゼントしたり出来ます。

例えば、ブログの読者さんにプレゼントして
ファンを増やしたり、

メルマガの読者さんを集めるために無料プレゼントとして配ったり
出来ますので、
非常に有効的に使えるんじゃないかと思います。

それでもって、この心理学アフィリエイトのエッセンスを加えるだけで、

あなたにめちゃくちゃ濃いファンが付きます。

なかなか勇気が出ないという方にたくさんの特典をお付けしてますので

後で後悔しないようにして欲しいと思います。

人生を変える一歩を踏み出してみてくださいね!!

特典削除まであと4日しかないので

検討してみてくださいね!

心理学アフィリエイト特典付きレビューはこちらです。

lgi01a201403140200 YouTubeアドセンスでガチで稼ぐための特別メルマガ

↑↑YouTubeマル秘テクニックを
メルマガだけで公開中!↑↑

lgi01a201403140200 30日間最新ネットビジネスノウハウ講座
月10万を手堅く稼ぐ方法&SNSツールプレゼント中!

↑↑ブログでは書けない秘密の稼ぎを公開します!↑↑

初心者の方でもわかりやすく丁寧に解説しています。

今ならアメブロやmixi最強集客ツールや優良画像素材など様々なプレゼントを差し上げています。

合わせて読みたい記事

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>