人生は今日からが始まり、これまではリハーサル | YouTubeで月100万稼ぐための教科書

人生は今日からが始まり、これまではリハーサル

1236262_621117054599719_1546544398_n

9月に入り、もう10日も経っている。。。

ほんとに日が経つのがあっという間です。

こないだの日曜日に
一緒にお仕事をさせていただいている
松本太陽さんの主催するセミナーに参加してきました。

だいたい100名くらい来てました。

1236262_621117054599719_1546544398_n

その中には僕のメルマガを読んでくださってる方とも
お会いすることが出来て非常に嬉しかったです!^^

実際に読者さんとお話すると楽しいですね♪

僕はこういったセミナーというのはあまり参加しないのですが、
やはり人脈が広がるというのは非常に素晴らしことです。

以前、時間を取られることはやめましょうと言ったのですが、
人脈を広げるという意味ではこういった交流会などは絶好の場です。

しかし、あまり行き過ぎて自分の事が出来なくなるような事は
しないようにしてくださいね!

セミナーには簑原 雅智社長という
「牛乳」を九州内に100店舗のフランチャイズを展開し、
従業員300名の仲間と共に成長を続ける
とても敏腕な社長さんが
お話してくださいました。

その中で僕が一番心に響いた言葉があります。

「人生は今日からが始まり、これまではリハーサル」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これは
「気付き」があった瞬間、
あなたは生まれ変わり、新しい人生が今日から始まるという事です。

普通の生活をして、普通に生きている。

しかし、ふと「気付き」があった瞬間
あなたは覚醒し、
成功のゴールに歩き出します。

たとえ30代、40代、50代でも関係ない。

気付いた瞬間変わります。

これまではその気付くまでの準備期間だったと思えばいいのです。

人生というのは一つのきっかけでガラリと大きく変わるものです。

僕もこのネットビジネスと出会ったお陰で
人生を大きく変える事が出来ました。

たいして何もしていません。

気付いた瞬間自分が歩き出しただけです。

気付いているはずなのに
何もしないことだけは避けてくださいね。

しかし、やはり壁というのは必ずあります。

僕もネットビジネスを始めた時は
何をどうしていいのかわからなくて、
ずっと悩んでいました。

「自分には無理だ」

「稼げる自信がない」

こんなことをずっと考えていましたね。

でもよく考えてください。

これって自分の心が作っているんです。

壁というのは自分自身が作り出しているものなのです。

どんなに高い壁でも大切なのは、

乗り越えようとする気持ち
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ではないでしょうか?

自分には越えられない、ではなく、

どうやったら乗り越えられるかな?
という事を考えられるようになれば、
どんな壁でも乗り越えられるようになります。

自分が自分の事を信じてあげないと

誰もあなたを信じてくれる人なんていませんよ。

周りが無理だと言っても
自分一人でも自分を信じてあげることができれば
それ以上強いものはありません。

まずは自分を疑わない
自分を信じるという事を徹底してください。

この気持ちがないと成功は絶対にありえません。

今、この瞬間

「俺は出来る」
「私は出来る」

とつぶやいてください。

もしくはブログやfacebook、Twitterに投稿してください。

自分自身を震え立たせるようにしてくださいね!

lgi01a201403140200 YouTubeアドセンスでガチで稼ぐための特別メルマガ

↑↑YouTubeマル秘テクニックを
メルマガだけで公開中!↑↑

lgi01a201403140200 30日間最新ネットビジネスノウハウ講座
月10万を手堅く稼ぐ方法&SNSツールプレゼント中!

↑↑ブログでは書けない秘密の稼ぎを公開します!↑↑

初心者の方でもわかりやすく丁寧に解説しています。

今ならアメブロやmixi最強集客ツールや優良画像素材など様々なプレゼントを差し上げています。

合わせて読みたい記事

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>