松本太陽さんとお仕事させていただく事になりました。 | YouTubeで月100万稼ぐための教科書

松本太陽さんとお仕事させていただく事になりました。

太陽さん

昨日は、福岡では超有名な「太陽さん」という方と
秘密の会合をしていました。

太陽さんはfacebookでかなり有名で
一度は画面で見た事あるかもしれません。

太陽さんのfacebookはこちら
https://www.facebook.com/fukuoka.event

太陽さん

何の会合なのかというと、

これから起業したい人や、夢を追いかけている人の
お手伝いをしよう!!!

という企画を立ち上げました。

ネットビジネスだけで中心に、
facebook、ブログ・HP作成、メルマガ、デザイン、コピーライティングのプロが
それぞれ集まってポータルサイトを作ろうというものです。

僕はメルマガ担当にさせていただいて
これから「メルマガの極意」の資料を作っていこうと思っています。

完成したら僕の読者さんにもお配りしますので
楽しみにしてくださいね!

かなりクオリティーの高いものを作ろうと思っています。

僕はHPも詳しくないし、デザインも出来ません。
コピーライティングも完璧ではありません。

しかしそれぞれのプロが集まると
とてつもなく大きい組織が出来上がります。

僕は太陽さんと初めて会ったのは先月末の事。

その中でお話させていただく中で、

太陽さん「じゃ一緒にやらない??」

僕「えっ、はい!」

ということであっという間に一緒にビジネスをやる事が決まりました。

いや〜ほんと人との出会いってすごいですね!
一瞬で人生が大きく変わる可能性があるんですから。

たまたま誘われて行った太陽さんのセミナーに参加しただけで、
たまたま時間があって行ってみようと思っただけで、
めんどくさいなんて思わずに行動しただけで、

「人生って変わります」

ほんと人生って行動すれば、変わるもんだなって実感しました。

行動しなければ今の自分のまま変わる事はありません。

人って何か新しい事にチャレンジすることが怖いんです。

失敗したらどうしよう。
何も得られなかったらどうしよう。

これをまず考えます。

例えば、
この教材買って失敗したらどうしよう。
稼げなかったらどうしよう。

「投資」と「浪費」の違いって分かりますか?

投資っていうのはそれを買ってちゃんと実行すれば投資になります。

逆に、買って実行しなかったらそれは浪費になります。

いわゆるノウハウコレクターってやつですね!
買って満足する。

しっかりと実践すれば稼げるノウハウなのに
めんどくさいだの時間がないだの言い訳をして
やらない人をノウハウコレクターと言います。

あなたには浪費をしてほしくない。

しっかりと投資をして行動してください。
そうすれば必ずプラスになりますから。

あと、セミナーとかっていろいろと行ってみた方がいいですよ!

同じ志をもった人が集まる場なので、
すぐに意気投合出来ます。

そっから新しい事が生まれる可能性もありますしね!

モチベーションアップにもかなり繋がりますよ。

ほんとオススメです。

近くで面白そうなイベントとかセミナーがあったら是非
参加してみてください。

人生変わるかもしれませんよ!

PS.

心理学アフィリエイトですが、
昨日いっぱいで特典を削除すると言いましたが、

読者さんが「もう少しだけ待ってください!」と言う方が
数名いましたので、
今度の日曜まで、残しておきたいと思います。

そこらへんは僕も臨機応変に対応させていただきます^^

ほんと特典だけでももらっておく価値があるので
是非「投資」をしてみてくださいね!!

心理学アフィリエイトレビューはこちらです。

lgi01a201403140200 YouTubeアドセンスでガチで稼ぐための特別メルマガ

↑↑YouTubeマル秘テクニックを
メルマガだけで公開中!↑↑

lgi01a201403140200 30日間最新ネットビジネスノウハウ講座
月10万を手堅く稼ぐ方法&SNSツールプレゼント中!

↑↑ブログでは書けない秘密の稼ぎを公開します!↑↑

初心者の方でもわかりやすく丁寧に解説しています。

今ならアメブロやmixi最強集客ツールや優良画像素材など様々なプレゼントを差し上げています。

合わせて読みたい記事

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>