おめでとうございます!! | YouTubeで月100万稼ぐための教科書

おめでとうございます!!

昨日は大分の温泉に行ってきました。

↓↓

onsen

景色がすごく綺麗で日頃の疲れを癒してきました。
月曜のお昼にスーツを着たサラリーマン達が営業車に乗って
仕事をしている。

そんな中時間も気にせずゆっくりと出かける事が出来る。
2年前の僕には絶対に出来ないことでした。

いっぱい勉強して努力して投資してやってきた甲斐がありました。

今後はもっと世界を旅していきたいと思っています。
30代で世界一周するのが目標です。

さて、前日ご紹介した「心理学アフィリエイト」

ご購入された方、まずは

おめでとうございます!!

これで人を動かす人間心理の知識が
あなたの中に一生身に付きました。

心理さえしっかりと学んでいれば
どんなビジネスにも応用は効きますからね。

テレビで昨日の夜やってた「ガイヤの夜明け」というビジネス番組で

店頭販売で商品を売るにはどうしたらいいのか、

というのがあっててまさしくこれも全部心理が関係していて、

お客さんの足を止めて、話を聞いてもらわないといけない。

お客さんが「欲しい」と思ってもらえるセールスをしないといけない。

人の五感にどれだけ接触させて体感してもらえるか。

「うんうん」とうなずきながら見てました。

やはり売れない定員さんは
ただ自分の言いたいことをマニュアル通りに言ってるだけで
誰も立ち止まってもくれません。

かたやプロの店員さんは
トークを始めるなり次々とお客さんが立ち止まり、
商品を購入していく。

この違いをしっかりと理解出来ているかが
売り上げを上げるための基本です。

「心理学アフィリエイト」について
ご質問もいくつか頂いたので、そのままご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Q1.「加倉さんお世話になります。

心理学アフィリエイトかなり気になるのですが、
私は最近「アフィリエイト」という言葉を知ったくらいの初心者です。

加倉さんからのメール講座では初めて聞く言葉ばかりで少し戸惑っていますが、
これから少しずつでもスキルを身につけて、お小遣い程度でもいいので
稼げるようになりたいと思っています。
心理学というのは大事だというのはよく分かりました。
しかし、稼ぐということに直結はしていないように感じます。

本当に私のような初心者でもこの教材を買って大丈夫なのでしょうか?
よろしくお願い致します。」

A1.「はい、もちろん大丈夫です。
初心者が稼げない理由というのは、
「人がなぜ行動するのか?ということが根本的に理解出来ていないからです。

商売をするにあたって一番大事である人の心理というのは、必ず学んでおくべきです。
学んでおくのと、学ばずに行うのとでは、
購入率というのは大きく変わります。
難しい文章なんかを書く必要はありません。人が物を買いたくなる心理を
わかっていれば、自然と文章を書けるようになります。
ブログはもちろん、メルマガなどでは非常に効果があります。
是非検討してみてくださいね!」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.2「今コピーライティングを学んでいる最中ですが、
同時に学んでも大丈夫なのでしょうか?」

A.2「大丈夫です!むしろ心理学アフィリエイトと併用して
コピーライティングを同時に学んだ方が、かなり効果が出ます。
心理学アフィリエイトで人の購買心理がわかり、それを伝えるコピーライティングで
文章を上手く書けるようになれば最高です。

どうすれば人が読みたくなるのか、物を買いたくなるのか、ということを
学んでいればそれをそのまま文章にしてしまえばいいだけです。」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Q.3「お世話になります!いつもありがとうございます。
今無料オファーをずっとやっているのですが、なかなか成果が出ません。
コピペはせずに自分の言葉でしっかりと書いているのですが、
何で成果が発生しないのかよくわかりません。

ブログを一度見ていただけないでしょうか?
何かアドバイスをいただけると嬉しいです!

心理学アフィリエイトすごく気になっています!
人の心理というのが非常に重要だということはよくわかりますが、
本当に制約率は上がるものなのでしょうか?
よろしくお願いしますm(_ _)m」

A.3「ブログというのはある程度のアクセスを集めてこなければいけません。
やはりツールを使って集めた方が早いのですが、
せっかく来てもらった読者さんを逃してしまってはもったいないです。

そこで文章だけでなく、ブログ全体の「魅せ方」を変えた方がいいですね!
ページを開いた瞬間に「おっ!!」っと思わせるレイアウトや画像の使い方、
文字の大きさを使っていきましょう!

人はページを見た瞬間にそのブログを読むか読まないかを決定します。
それも人の心理というのがしっかりと反映されています。
どうすればブログを見てもらえるのかがわかれば、
記事を読んでもらい、無料オファーを成約させる事が出来ると思いますよ!
せっかく素晴らしい文章を書いているのですから、
読まれるブログを心理学アフィリエイトで学んでみてください^^」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みなさんやはり、初心者でも大丈夫なのか?

という心配をしていらっしゃいますね。

はっきり言います!!

初心者とか上級者とか関係なく、
人の心理を学んでいないと売れるものも売れなくなります!

多くの人は小手先のテクニックばかりを追求していて、
一瞬稼げても、そのテクニックが使えなくなったら、
また稼げなくなる。

そしてまた別のテクニックを探して・・・

これをずっと繰り返しているだけだから大きく稼ぐ事が出来ないんです。

小手先のテクニックなんていりません。

その前に必ず学ばなければいけない事が

「なぜ人が物を買いたくなるのか」

ということです。

この人の心理さえ分かっていれば、
あとは思わず買いたくなるような文章、魅せ方、心理テクニックを
使って情報発信していけば、自然と物は売れていきます。

何度も言いますが、これが理解出来ていないと絶対に物は売れません。

この心理学アフィリエイトのコンテンツなのですが、
誰もが絶対に知りたい事を動画で詳しく解説しています。

序章『売り手市場、買い手市場』 
  第一章『お客様をファンにさせるテクニック』
第二章『お客を発熱させて財布のヒモを緩める』
第三章『思わず買いたくなる心理テクニック』
第四章『モノを売るな感動を売れ』
第五章『お客は簡略と利得を好む』
第六章『お客様を発熱させる驚きの方法』
第七章『言葉の魔法でお客を誘引する』
第八章『最後に・・・』

初心者の方はまずは自分のファンを作る事を目指す必要があります。

ファンや読者がいないにも関わらずいきなり売ってもまず売れませんよね。

そういったファンを作るにはどんな魅せ方をすればいいのか
ということがよくわかりますよ。

この心理学アフィリエイトは発売と同時に一気に売れていて、
売れ上げランキング3冠を取った教材です。

多くの方が心理テクニックを学んでいます。

是非あなたも置いていかれないように是非
心理学アフィリエイトを学んでみてください。

アフィリエイトをやっているのに成果が出ていない方、

根本的に見直してみてください。

現在、ネット業界で活躍している
与沢さんや、小玉さんなど、みんな人の心理というものを理解しています。
だからあれだけの成果をだしているんですね。

ビジネス全般でも言えるものです。
広告やテレビCMなど、全てに人の心理というものを考えて作られています。

私たちはそれにまんまと乗ってしまい、購入しているわけです。

こういった心理テクニックを知っているだけで、

今まで見てきた物が全く違う見え方をします。

今、あなたの目の前にあるパソコンやスマホ、テレビや家具など

いつの間にかその商品に魅了され、
欲しくてたまらなくなるような魅せ方をされ、
あなたは買っているわけです。

それを逆の立場で出来るようになれば何でも売れるようになります。

この商品はこうやって売っているんだ!
こういう魅せ方をすればいいんだ!って。

この心理学アフィリエイトを勉強することによって

あなたの視野はめっちゃくちゃ広がり、

普段の生活がすんごく楽しくなると思いますよ!!

ほんとに怖いぐらいのテクニックが満載です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

是非学んでみてください。

↓↓

http://kakurajunji.com/sinri/

lgi01a201403140200 YouTubeアドセンスでガチで稼ぐための特別メルマガ

↑↑YouTubeマル秘テクニックを
メルマガだけで公開中!↑↑

lgi01a201403140200 30日間最新ネットビジネスノウハウ講座
月10万を手堅く稼ぐ方法&SNSツールプレゼント中!

↑↑ブログでは書けない秘密の稼ぎを公開します!↑↑

初心者の方でもわかりやすく丁寧に解説しています。

今ならアメブロやmixi最強集客ツールや優良画像素材など様々なプレゼントを差し上げています。

合わせて読みたい記事

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>