モチベーションの高め方、維持の仕方 | YouTubeで月100万稼ぐための教科書

モチベーションの高め方、維持の仕方

essay04_2

よく

「モチベーションを上げるにはどうしたらいいですか??」

という質問をいただきます。

今日はモチベーションの高め方、維持の仕方について僕の考えを書いていこうと思います。

まずみなさんに認識してほしいことがあります。
それは、

●【モチベーションと感情は違う】

ということ。
どういう事かというと、

モチベーションというのは、

■その行動を取る根本的な理由となるもの

です。ちょっとわかりにくいですね。

例えば、
お金持ちになりたいから、たくさん勉強し、たくさん知識を増やし、
月収100万円を目指す。

これがモチベーションというものです。

よく考えてみてください。
モチベーションって実はあんまり上がったり下がったりすることって
ないと思うんです。

「今日はめちゃめちゃお金持ちになりたいけど、昨日はあんまりお金持ちになりたくなかったな~(´・_・`)」
なんてことってないですよね。

それって単純にモチベーションの上がり下がりの問題ではなく、

あなた自身の感情によるものが原因なんです。

モチベーションが上がらないっていう人は、少し観点がズレてて、
それは感情が盛り上がらないとか、元気がない、悲しいことがあった。

ということに左右されてしまってるだけなんです。

なのでここでしっかりとモチベーションと感情は違うんだってことを理解してほしいと思います。

感情ということで考えると、例えば
テレビ番組でセレブが出ていて、そこであなたは

「いいなぁ~!私もこんな風になりたい!よし頑張ろう!」

って思ったことってありませんか?
テレビを見た瞬間ってものすごくやる気が出ますよね。

でも次の日になるとどうでしょう。
結構忘れたりとか、普通の日常に戻ってたりしますよね。

なんでそんなことが起こるのかというと、
ただ単にそれは【感情】だからです。

感情ってコロコロと変わりますよね。
なんかムカつく!って思っていても次の日には治まってたり、
悲しいって思っても、3日後には元気になってたり。

こういう風に感情が毎日毎日変わっていくから、
モチベーションが上がったり下がったりするっていう風に誤解してしまってるんです。

感情というのはすぐに変わるものですから、
逆にいうとすぐに上げることも簡単に出来ちゃうんです!

もちろん下がることだってあります。

感情を上げてやれば、モチベーションのアップにも繋がります。

そこで今日は感情を高める方法をいくつか教えたいと思います。

■感情を高める方法

①運動をする

②好きなことをする

③目標のハードルをさげる

④音楽を聴く、本を読む

感情というのは一時的なものなので、一時的に上げたらいいんだっていう、割り切りが必要になります。
割り切れることで、感情が下がった時に、運動とか音楽を利用しようって思えるようになります。

それでいいんです。

だってモチベーションっていうのはずっと変わってないわけで、
お金持ちになりたいとか、こうありたいっていうのは気持ちが下がらないですよね。

なので感情だけを左右してあげる、高めてあげるってことをすればいいだけなんです。

感情が下がってるなって思ったら運動したり、音楽聴いたり、好きなことをやれば
自分自身で上げることが出来るんです。

あとはそれを繰り返していけばいいだけなんです!簡単ですね♪

まとめ

●モチベーションと感情は違うもの
●感情を高めてあげればよい
●感情は変わるのでその時によって好きなことをする
●感情が高まることによって、モチベーションに対する行動が出来るようになる

これがモチベーションが上がらないという方に知っておいてほしい一つの方法です。

他にもモチベーションを上げる方法はあるのですが、まずはこれを意識して
やってみてくださいね!

lgi01a201403140200 YouTubeアドセンスでガチで稼ぐための特別メルマガ

↑↑YouTubeマル秘テクニックを
メルマガだけで公開中!↑↑

lgi01a201403140200 30日間最新ネットビジネスノウハウ講座
月10万を手堅く稼ぐ方法&SNSツールプレゼント中!

↑↑ブログでは書けない秘密の稼ぎを公開します!↑↑

初心者の方でもわかりやすく丁寧に解説しています。

今ならアメブロやmixi最強集客ツールや優良画像素材など様々なプレゼントを差し上げています。

合わせて読みたい記事

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>