手取り25万もらうにはいくらかせげばいいのか? | YouTubeで月100万稼ぐための教科書

手取り25万もらうにはいくらかせげばいいのか?

サラリーマン的に言えば、
月給30万だと、社会保険料や税金などを引かれてだいたい
手取り25万円くらい。

「自分は会社から25万円の給料をもらっている」と考えるのが
一般的なサラリーマンの考え方です。

しかし!

会社側からすると、一人あたりの人件費というのは
給料の3倍と言われています。

社員からすると、
「こんなに頑張って働いているのにたったの25万か・・・。なんかばからしいな。」
なんていってる人がいます。

ただ、そんな社員を雇っている会社の経営者の方がよっぽどばからしいのです。

社会保険料の半分は会社が払っているし、交通費、福利厚生、水道、光熱費、消耗品費、
会議費、出張費、飲食費などなど、いろいろな経費を計算すれば、
会社は給料の3倍の人件費を払っています。

つまり!

経営者側からすると、
「25万円分だけ働いていればいいなんてとんでもない!今の3倍は働いてから文句を言え!」
って感じです。

だからそんな意識の低い社員をどうにかやる気を出させないといけません。

国から給料がもらえる公務員とは違って、
普通の会社員の給料というのは、会社の売り上げから出ているということを忘れてはいけません。
会社員だけの話ではありません。
アルバイトだってそうです。

バイトだからって適当にサボって仕事していると、雇っている側からすると
相当な人件費がかかっているのです。
「バイトだから関係ねーよ」
って思う人もいるでしょうが、
一度、自分が経営者の立場になって考えることが出来れば、恐らくもうサボったりなんて出来ません。

それでもわからない奴がいれば、こう言うといいでしょう。

「君は会社という組織に属さず、何もかも一人でやって25万円のお金を毎月稼ぐ事が出来るか?」

と。おそらくほとんどの人間が出来ないでしょう。

でも僕はたった一人で毎月数十万を安定して稼ぐことが出来ています。
しかもパソコン1台で、好きな時間に、好きな場所で。

世の中、会社に属していれば「安定」という時代はもう終わっています。

大企業でも倒産したり、大量のリストラをしたり。

一流大学を卒業してもニートをやっている人間なんてたくさんいます。

僕も一応大学は出てますが、ほんとに普通の大学ですし、
ちょっと前まで、社員5人くらいのほんとに小さい会社で働いていました。

そんな僕が脱サラして「自由」を手に入れることが出来た理由は、

ただ「稼ぐ」というスキルを身につけただけです。

どんなにエリートで知識が豊富な社員でも、会社という組織がなかったら、
1円も稼ぐことなんて出来ません。

しかし、これからの時代はどんなに頭が悪かろうと、「稼ぎ方」を知っている人間は
絶対に成功します。

会社というツールを使わなくても自分一人でお金を生み出す事が出来る。
これがもっとも最強です。

リストラにあう不安や、景気の不安などを抱えながら生活するのか、
それとも、いつでもお金を生み出す事が出来、自由な時間を過ごせる生活がいいのか。

もちろんやりがいを持って一生懸命会社に貢献している人は素晴らしいと思います。

でも僕は本来の人間としての生き方を追求したいのです。

「今あなたは、なりたい自分になれていますか?」

せっかく人間として生まれてきて、自由に生きる権利があるのに、
やりたいことが出来ずに死んでいくなんてほんとに勿体無いと思いませんか?

いろいろな意見があると思いますが、
僕は自分のやりたい事をやれない人生はつまらないと思います。

人生一度きりですからね!

絶対に後悔だけはしたくありません。

なりたい自分が見つかっているのであれば、
絶対に叶えてくださいね!

僕はそんな人を応援したいです。

lgi01a201403140200 YouTubeアドセンスでガチで稼ぐための特別メルマガ

↑↑YouTubeマル秘テクニックを
メルマガだけで公開中!↑↑

lgi01a201403140200 30日間最新ネットビジネスノウハウ講座
月10万を手堅く稼ぐ方法&SNSツールプレゼント中!

↑↑ブログでは書けない秘密の稼ぎを公開します!↑↑

初心者の方でもわかりやすく丁寧に解説しています。

今ならアメブロやmixi最強集客ツールや優良画像素材など様々なプレゼントを差し上げています。

合わせて読みたい記事

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>