返報性の心理テクニック | YouTubeで月100万稼ぐための教科書

返報性の心理テクニック

今日は一つ、かなり面白い心理テクニックを教えようと思います。

それは

「返報性(へんぽうせい)」

という心理。

聞いたことがある方もいると思いますが、

これはどういった心理かというと、

【貸しをつくる】

といことです。

簡単にいうと、

「何かもしてもらったら、こっちも何かを返してあげないと。」

という心理です。

わかりますか?

人間って「情」を持っている生き物で、

人に何かをしてもらうと、
「自分も何かお礼をしなくちゃ!」

って気持ちになるんです。

もらいっぱなしの状態を居心地悪く感じて、
自分も何かを返す事で、お互いにいい状態を保とうとするんですね。

例えば、

スーパーなんかによくある、「試食」ってあるじゃないですか?

あれも実はこの「返報性」の心理を使っているものなんです。

お店の方が笑顔でたくさん試食を薦めてくれますよね!
もちろん味をしっかりと伝えたいという意味もあるんですが、

無料で試食をさせて、ある意味「貸し」をつくっているんです。

ついバクバク食べてしまって、その場を去ろうとすると
お店の人に捕まっちゃって買っちゃったことってないですか?

僕はあります。笑

「タダで食べさせてもらって、買わないで逃げるのも悪いな~」

という気持ちが少しでもあると買ってしまいます。

サンプルやおまけをたくさんもらったら、
すごくいい気分になりますよね!

その時にすぐさま商品をすすめられると購入率がかなり上がるんです。

他にも、テレビCMなんかでもよくある

「今ならナント無料!!!!」

とか

「一週間無料お試し!!!」

ってありますよね笑

あれもこの心理を利用しているんです。

「別に買わないでも無料なら試してみるか~」って思い
試してみると・・・

そのまま買ってしまうんですね~笑

何でかわかりますよね?

この心理を上手く使っていくと、
自分の思い通りに人を動かしていくことが可能になります。

この心理はほんとに怖いぐらいのテクニックなので
あまり多くの人には言わないようにお願いします。笑

まず大事な事は、

「相手に何かを与えて、貸しをつくる」

ということです。

その貸しが大きければ大きいほど、
効果が抜群にあります。

これを今自分がやっている事に当てはめてみてください。

自分が相手にやってもらいたいことがあるとき、
たとえば、この商品を買って欲しいと思った場合など、

その前に相手に何かを与えまくると
この「返報性」の心理で、

「ここまでやってくれたのだから買ってもいいかな」

と思わせる事が出来れば、こっちの勝ちです。

ブログの読者を増やしたいなら
相手の為になる情報を書きまくるとか

相手のブログにコメントしたりすると
だいたいは思った通りになります。

実は!!

facebookの「いいね!」もこの心理なんですね。

いいね!をもらいたいなら、こちらが積極的に
いいね!をしていくことで、
相手が「こないだいいねしてくれたから、返さなくては」

と思ってしまいます。

そうやっていいね!を広げていく事ができるんですね!

なのでどんどんいいね!をしていってくださいね!

この「返報性の心理」を

ネットビジネスでもリアルでも使ってみてください。

ほんとにこれ怖いくらいの心理テクニックですよ。笑

この心理を知った事で、いろんな企業の戦略がよくわかります。

これから意識して見てみてください。

「あっ、今これ返報性の心理だ!」

と気付くと非常に面白いですよ!

普段の生活の中で、
いろんな場所で使われている返報性の心理なのですが、

知らない人がほとんどなので、今日知れたあなたは超ラッキーですね!

あまり悪用しないようにお願いしますね!笑

これからこういった心理テクニックなどもメルマガでお伝えしていこうと
思っています。

楽しみにしていてくださいね!

lgi01a201403140200 YouTubeアドセンスでガチで稼ぐための特別メルマガ

↑↑YouTubeマル秘テクニックを
メルマガだけで公開中!↑↑

lgi01a201403140200 30日間最新ネットビジネスノウハウ講座
月10万を手堅く稼ぐ方法&SNSツールプレゼント中!

↑↑ブログでは書けない秘密の稼ぎを公開します!↑↑

初心者の方でもわかりやすく丁寧に解説しています。

今ならアメブロやmixi最強集客ツールや優良画像素材など様々なプレゼントを差し上げています。

合わせて読みたい記事

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>